頬の毛穴の開き・肌の色むら・ごわつきに対するスキンケア

私が悩んでいたのは「頬の毛穴の開き・肌の色むら・ごわつき」でした。昔から肌のごわつきやダメージが見た目にダイレクトにあらわれていて、エステや皮膚科にもよく通っていましたが、なかなか改善されず、長年の悩みのタネでした。
私が実践したスキンケア方法は、「ゼオスキンのセラピューテック」です。数々のスキンケア製品を手掛けているオバジ博士が考案した「ビタミンAの力で短期間で集中的に肌質改善を目指すスキンケアプログラム」です。セラピューティックという「ハイドロキノン配合のゼオスキンのコスメ製品とトレチノイン(ビタミンA)を使用し、約3ヶ月で自身の肌の細胞を生まれ変わらせるスキンケアプログラム」を実践しました。
私がセラピューティックを実践してどうだったかというと、それまで何十年もの悩みであった「頬の毛穴の開き・肌の色むら・ごわつき」が全て解消され、大満足の結果になりました。セラピューティックを開始して初めの10日間は副反応として皮剥けや乾燥感がありますが、そこを乗り越えれば、ターンオーバーが進み、新たな細胞がつくられ、綺麗な肌に生まれ変わります。約3ヶ月の期間終了時には細かなシミも薄くなり、色むらの目立たない「つるん」とした肌になることができました。
〈ゼオスキン セラピューティック〉をお勧めしたい人は、短期間でコスト面もお得に様々な肌の悩みを解消したい人にオススメです。顔のしみとり、毛穴、くすみなど、美容皮膚科で治療をすれば高額な費用がかさみますが、毎日自宅でゼオスキンのコスメ製品を使うだけで全てを一掃できるセラピューティックは非常にコスト面でもお得だと思います(私は初回のゼオスキンのスキンケアコスメ製品を1回購入だけで3ヶ月のプログラムを終えることができました)。しかし、セラピューティック開始後は肌が慣れるまでは人によっては皮向けや肌の赤みなどの激しい副反応が出るので、注意が必要です。肌の弱い方、酷いダウンタイムにより接客業等で仕事に支障の出る方などにはおすすめできません。
これからゼオスキン セラピューティックを実践してみたいと思っている方、日差しが強くなるまでのこの時期から開始されるのがオススメです!セラピューティック開始後の皮剥けなどのダウンタイムも、外出時にはマスクをつけていることが多い今なら、あまり気にならないかもしれません。ぜひ、セラピューティックを実践して3ヶ月で自身の肌を生まれ変わらせ、「これが本来の自分の肌なんだ!」と感動する喜びを味わって頂きたいと思います。
【PR】
鳥取県の犬のしつけ教室に通うするときにおすすめはこちら