超豪華な高速バスが誕生!気になるその内容とは!?

本日は、豪華なバス旅行に関するニュースです。
兵庫県、大阪府を中心に高速バスを運行する全但バスは、2021年12月より完全個室型高速バス「LuxRea(ラグリア)」の運行を開始しています。 
グリーンルームと呼ばれる完全個室を備えた高速バスは、「ドリームスリーパー東京・大阪」に次いで国内2台目です。
個室は高速バス、特に夜行バスに設置され、睡眠の質の向上や乗車中のプライバシー保護の観点から非常に有効な設備です。
全但バスが運行するこの「ラグリア」は、個室の中にパウダールームや充電コンセントなど、豪華な車内設備を備えた高速バスです。
西日本で初めて導入されるバスであることから、「ラグジュアリー」と「リラックス」を組み合わせた造語で「ラグリア」と命名しました。
この高速バスは、城崎温泉12時発・大阪18時20分着の城崎温泉~大阪間と、湯村温泉22時30分発・大阪17時20分着の湯村温泉~大阪間で2台のみ運行される予定です。
このグリーン車は、4人乗りのゆったりとした空間に1人が乗れるように設計されています。
グリーン車の設備や特徴について、全但バスは、
「まず、高速バスでは日本初の車外カメラ視聴システム『バスビューシステム』を推奨しています。」
バスビューとは、乗客の席の前に設置されたモニターで、バスの外の風景をリアルタイムに見ることができるシステムです。
天井中央、屋根上、屋根裏、運転席などにカメラを設置し、通常では見ることが難しい角度から車外を見ることができます。
その他のグリーンルーム設備について、前述の担当者は「車内で常にきれいな空気を吸えるように、専用の空気清浄機の設置をしています。
2022年2月28日までの期間限定サービスとして、「全但バスオリジナル観光スポット紹介ムービー」などを楽しめるARグラスが車内に用意された。
残念ながら、このサービスは2022年2月末で終了しましたが、いずれ新たな期間限定サービスが登場する可能性もあります。
グリーンルーム付きの高速バスにはさまざまな特徴があり、前述の担当者によると、利用者からは「コロナ時代は密度を避けて、人目を気にせず快適に乗る必要があるので安心」との声が寄せられているそうです。
運行開始から間もないが、「グリーンルーム高速バス」の利用者からは、「とても快適」「運賃が1,000円プラスに設定されており、コストパフォーマンスが高い」という声が多く聞かれる。
完全個室型高速バスが誕生した背景には、コロナウイルスの発生により個室の重要性が高まったこと、海外旅行ができないため、贅沢な国内旅行を楽しむ人が増えたことなどがあるようだ。
このような背景から、今後、完全個室型高速バスの需要が高まる可能性がある。
温泉に行くのに、この贅沢なバスを利用していけるのは良いですね。
私も一度利用を検討したいと思います。