見せ合いアプリは危険なの?おすすめの見せ合いアプリを紹介!?

見せ合いアプリとは、テレビ電話で見せ合いをすることを指します。
今回は、見せ合いにおすすめのアプリをご紹介します。また、見せ合いのやり方や危険かどうかも解説しますので、使用する前にぜひチェックしてみてください。
見せ合い」アプリとは?
ガールツー
見せ合い」アプリとは一体何なのか?
見せ合い」アプリとはどんなものなのか、ご説明します。
テレビ電話で見せ合いっこ
テレビ電話で見せ合う相互。
テレビ電話は様々なアプリを使うことができ、そのアプリを使うことで見せ合いができるようになります。
見せ合いアプリ」と検索すると、たくさんのアプリが出てきますが、どれも危険なものばかりなので注意が必要です。また、SNSで声をかけられてアプリに誘導され、最終的に動画を公開するように脅され、お金を要求されたケースもあります。
そのため、マッチングアプリには様々な種類がありますが、その中から安全なものを見分けることが重要です。
おすすめのお見合いアプリをご紹介
それでは、おすすめのお見合いアプリをご紹介します。
先ほどもお伝えしましたが、「見せびらかし系」と調べて出てくるアプリはとても危険なので気をつけましょう。安全でおすすめのアプリとは、テレビ電話ができる誰もが知っているようなアプリのことです。
安全でおすすめのアプリは、以下の5つです。LINE」「Skype」「カカオトーク」「斉藤さん」「FaceTime」です。
以下、各アプリの特徴を解説します。
おすすめ1:LINE
1つ目のアプリは「LINE」です。
LINEはスマートフォンを持っている人なら誰でも持っているアプリで、ビデオ通話機能があるためおすすめです。
ビデオ通話は無料なので、LINEで友だちになったら、自由にお互いの様子を見せ合うことができます。
LINEはユーザー数が多く、ビデオ通話が簡単にできるためおすすめです。
おすすめ②】「Skype] スカイプ
2つ目のアプリは「Skype」です。
Skypeはユーザー数が少ないですが、Skypeをインストールしたユーザー同士でビデオ通話ができるためおすすめです。
Skypeユーザー同士のビデオ通話は無料で、海外のユーザーとの通信も無料です。
もちろん、LINEも海外ユーザーとのビデオ通話は無料だが、国によってはLINEが主流ではない地域もある。世界的なシェアではLINEよりもSkypeの方がユーザー数が多いので、海外ユーザーとのコミュニケーションにSkypeの利用を考えている方にはおすすめのアプリです。
おすすめ3:カカオトーク
3つ目のアプリは「カカオトーク」です。
カカオトークは韓国での利用率が高いアプリですが、日本でもちらほらと使われているアプリで、ビデオ通話機能がついているためおすすめです。
もちろん、ビデオ通話は無料です。
日本では、LINEはリアルの友達、カカオトークはネットの友達と分けて、カカオトークを併用している人が多いようです。カカオトークは、ネット上の友だちを見せ合えるおすすめのアプリです。
おすすめ4:斉藤さん
4つ目のアプリは「斉藤さん」です。
斉藤さんはランダムに電話をかけることができるアプリですが、通話がつながった後はビデオ通話もできるので、とてもおすすめです。
もちろん、ビデオ通話は無料です。
斎藤さん同士でランダム電話のかけ方を見せ合える可能性は低いですが、そのために使っている男性も多いので、女性は慣れていると思われます。お互いのことを知らずに友達を見せ合いたい方にオススメのアプリです。
おすすめ5:FaceTime(フェイスタイム
5つ目のアプリは「FaceTime」です。
FaceTimeはAppleユーザー同士で使えるテレビ電話アプリで、お互いがiPhoneを使っている人におすすめです。
もちろん、ビデオ通話は無料です。
FaceTimeはAppleユーザー同士で使えるテレビ電話アプリで、高画質なのが魅力です。もともとアプリとしてインストールされているため、お互いにiPhoneを使っている人であれば、気軽に見せ合えるおすすめのアプリです。
見せ合いっこの説明

せっかく見せ合いができるアプリを見つけたものの、相手がいなければ意味がありませんよね。
そこで、見せ合いの方法を解説します。
相手をフォローする
まず、気になるアカウントをフォローしましょう。
フォローは交流を深めるための第一歩です。
また、フォローすることでタイムラインが流れるので、投稿に反応しやすくなります。フォロー返しを受けたら、「フォローありがとうございます」というメッセージを送るとよいでしょう。
丁寧なメッセージを送る
ある程度交流が深まったら、丁寧なメッセージを送りましょう。
いくら後輩とはいえ、初対面の人と話すときに「タメ口」は失礼にあたります。相手に不快な思いをさせないためにも、丁寧なメッセージを送りましょう。