菫 (すみれ)!?

(立春すみれ、黄花すみれ、他)
(すみれ)
すみれ
タチツボスミレまたは
タチツボスミレ   
東京都江戸川区清新町
フォトアルバム1(8枚)へ
(つぼみ、花)
写真集2へ(写真10枚)
(花)
写真集3(5枚の写真)へ
(種子)
フォトアルバム4(7枚)へ
(種子)
         ↓ 下へ
スミレ科
学名
  スミレ属
  ビオラ・グリポセラス(Viola grypoceras
        (ビオラ・グリポセラス)
   ビオラ : スミレ
   マンシュリカ:満州産
   grypoceras(グリポケラス
      曲がった角のあるもの
 ビオラとは、「紫」という意味です。
 ビオラは「紫」という意味です。
 学名Vに由来
開花期は3月10日〜5月10日。
花の形は、大工道具の「印籠」に似ている。
 花の形は、大工道具の「墨流し」に似ている。
 花の形から「すみれ」と呼ばれるようになった。
 それが次第に「すみれ」と呼ばれるようになった。
 見たことはないが、”すみれ “と呼ばれていると聞いたことがある。
 (私は見たことがない。
  (見たことはないが、木や石にまっすぐな線を引くのに使う。
  (見たことはありませんが、木や石に直線を引くときに使うそうです。
  (見たことはないが、木や石に直線を引くときは墨汁を使う。
  (見たことはありませんが、”すみつぼ “という大工道具があったそうです。
  (見たことはありませんが、木や石にまっすぐな線を引くための大工道具です。
  これは「墨入れ」「墨」とも呼ばれます。
  墨鍋」とも言います。
  ちなみに、筆で字を習うときは、墨汁に墨を入れる。
  筆で書道を習うときは、墨壺に墨を入れる。
  墨壺ではなく、硯。
  という意味だが、硯のことである。
 一方、「墨流し」が発明される前は、硯を「すみれ」と呼んでいた。
 すみれ」が発明される以前は「すみれ」と呼ばれていた。
 名前の由来は「謎」です。
 名前の由来は謎である。
すみれ(菫
     (すみれ色。いろいろな色)
スミレにはいろいろな種類がある。
 国産種、外国産種を含めて数百種類もある。
 国産種、外国産種を含め、数百の品種がある。
花とは別に目立たない「閉鎖花」を咲かせる。
 花は、花とは別の目立たない「閉鎖花」である。
 で、そこから種子を作ります。
パンジーは園芸品種
としても知られています。
 スミイレ(墨流し)
    → 上記参照。
 すももとりぐさ
1月29日、2月1日の誕生日
  1月29日、2月1日の誕生花(すみれ色)
 4月17日の誕生花
花言葉は
 花言葉は「思慮深い、思いやりのある」(すみれ)です。
 花言葉は「控えめな美しさ」(すみれ)。
  控えめな美しさ」(香りのよいすみれ)。
春の野原で
  「スミレを摘みに来た
  ”春の野原にスミレを摘みに来ました。
  「野原を懐かしく思い出す
  一晩寝に来たり。
   万葉集の巻
   山部赤人
 「山路に来たりて
  何か不思議な感じがする。
  菫草(すみれぐさ
   野ざらしの旅
   松尾芭蕉
似たような花のリンク
 花大根(はなだいこん) 花葱(はなねぎ
 セリハヒベニ草(セリハヒベニグサ)
類似の果実・種子へのリンク
 キャッツアイグラス(猫目草
スミレ」シリーズ
 スミレ 食虫植物スミレ
すみれch エロ