為になる話を紹介

1.「水鳥」と呼ばれる鳥たちは、水中で泳ぐときに、尾を使って泳ぐのではなく、翼を使って水を掻いて泳いでいます。なぜなら、水中で翼を使って泳ぐと、水の抵抗が小さくなり、速く泳べるからです。
2.砂漠に生息する「カマキリ」という昆虫は、砂漠の砂を吸い上げて、水分を取り込んでいます。その砂を使って、砂嵐を作り、自分たちが生きるための水を作っています。
3.「クモ」は、捕食者から逃れるために、自分の死体を放出することができます。これを「自己解体」と呼びます。自己解体することで、捕食者にとって魅力的な獲物がなくなり、逃れることができます。
4.「カエル」は、水中で生きるために、肺を使って呼吸をするのではなく、皮膚から呼吸をすることができます。なぜなら、水中で肺を使って呼吸をすると、水が肺に浸入してしまうためです。
5.「カニ」は、頭部を失っても生きることができます。カニは、頭部を失っても、新しい頭部を再生することができるためです。これは、カニが「再生能力」を持っているためで、この能力は、他の動物には持っていない特殊な能力です。
6.「ミツバチ」は、その群れの中で、一つの職業しかやらないことはありません。しかし、「スウォームインテリジェンス」と呼ばれる特殊な能力を持っています。それは、仲間と協力し、群れ全体として最適な決定をする能力です。
このように、自然界には驚きの知識や特殊な能力を持つ生き物がたくさん存在しています。
※この話はフィクションです