川崎にある釣りスポットに迫ってみましたぞ

川崎で海釣りと言ったら東扇島が有名なスポットであるものの、工業地帯のために竿を十分に出せるところは限られてしまいます。
川崎の海で狙える魚はアジやイワシにシーバス、淡水ではブラックバスやヘラブナそれにコイなどが釣れるのです。
この記事では川崎にある釣りスポットについて書いていきましょう。
まずは川崎区浮島町の海釣り公園になり、何と言っても24時間無料で利用できるのが嬉しいところではないでしょうか。
足場がよい岸壁から楽しめてアジにイワシやハゼ、メバルやクロダイそれにキスなどが釣れます。
次は千鳥運河で夏から秋にかけてはウキ釣り、チョイ投げなどでハゼや周年でシーバスが狙えるのです。
続いて紹介するのは東扇島西公園で横須賀のうみかぜ公園、海辺つり公園と並んで神奈川県の東京湾側で人気の釣りスポットになります。
投げ釣りでシロギスやカレイそれにウキフカセ、落とし込みでクロダイやアジそしてエギングなどでコウイカが狙えるのです。
さらに夏から秋にかけてはイナダやソウダガツオなどの青物が回遊してくることもあり、カゴ釣りやショアジギングをやってみましょう。
また駐車場やトイレが近いために家族連れにオススメの釣りスポットである一方、混雑を覚悟して行かれたほうがいいです。
4番目に紹介するのは川崎新提で東京湾に浮かぶ沖堤防になります。
ワームでメバルやカサゴがよく釣れ、シーバスはかなりの大物がかかることもあって人気が高いスポットです。
最後に紹介するのは稲田堤周辺の多摩川となって餌釣りで鯉やニゴイそれにヘラブナ、ルアー釣りでブラックバスやブルーギルそしてシーバスなどを狙うことができます。
さあ、あなたも川崎で釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。
プログラミング ノートpc