全国から手紙や支援金が…窃盗被害時に“魚3千匹大量死” 釣り堀のその後と店長の思い「犯人は魚に謝って」!?

2022年8月2日、岐阜県土岐市の釣り堀で電気配線が切断され、約3000匹の魚が死亡する事故が発生しました。釣り堀に何が起きたのか、管理人の思いを取材しました。
動画で見る 釣り堀の「魚3,000匹の大量死」を受けて
死んだ魚を前に、店長は泣きながら訴えた。
ニュースONE
山田店長:「大事に育ててください。
この5年間、大切に育ててきたんだから、何も言えないよ。どうしたらいいんだろう」としか言いようがない。
死んだ魚を前に涙を流す土岐市の「つりぼり本舗」の山田和則店長。
ニュースONE
8月2日朝、養魚池のコイなど約3000匹が死んでいるのが見つかった。
何者かが裏口から侵入し、侵入の際に防犯カメラを止めるためか電気メーターの配線が切られ、生け簀の設備が停止していた。酸素が供給できなくなり、大量死につながった。
ニュースONE
山田店長:。
“私としては(魚は)私の従業員なので、従業員を殺されたわけです。鯉に比べれば、そんなこと(HDなど)はどうってことない。これを殺される方がまだ悔しいので、本当はやってはいけないと思うのですが……”
被害額は約600万円という。
ニュースONE
 山田店長はもともと魚が好きで、子どもたちに魚に触れさせてあげたいと思い、釣り堀を始めたそうです。
ニュースONE
今年は活動制限のない夏休みで、ようやくお客様をお迎えできるようになった矢先の被害だったそうです。
警察は窃盗事件として捜査しているが、今のところ犯人の逮捕には至っていない。
■反響の大きさに戸惑う声も…。”自力 “での再開を目指すことになった。
ニュースONE
 つりぼり本舗のその後と、店長の想いを取材しました。震災から1週間余り経った11日、再びつりぼり本舗を訪れました。
ニュースONE
山田マネージャー
“明日(12日)、高圧洗浄を行うので、そのために床を移動しています。”
ニュースONE
山田店長は営業再開に向けて動いていた。犯人に切られた電気メーターの配線は、すでに復旧している。
山田店長:。
“常連さんが(やってくれた)。ありがたいことに、いろいろな業種の(お客様が)いらっしゃるので、その道のプロがいるんです。”
実際、電線の復旧から床の高圧洗浄まで、常連さんたちがボランティアでやってくれたそうです。
ニュースONE
 リニューアルオープンに向けて準備が進むが、肝心の魚は……。
山田店長:「(生き残ったのは)30匹ちょっとでしたね。
30匹ちょっと(生き残った)。もうちょっといるかな。”
約3,000匹が死んでしまい、残ったのは30匹ほど。