なかなか踏み切れない進行性の男性型脱毛症の治療を受ける覚悟

祖父母以前の世代からの遺伝形質が、遺伝しているように見える“隔世遺伝” がある私の髪の悩みは、そんなに遠くない近い将来にハゲてくるのがわかっていることです。
そんな私はハゲ始めるタイミングを少しでも遅らせるため、幼少期の頃から「髪によい」と言われている海藻類を、意識的に多めに食べていました。
さらに、25歳を過ぎた頃から、入浴後、育毛剤を使い始めました。
おそらく普段の生活習慣が影響しているのか、この数年、育毛剤の効果が見られないように感じ始めました。
『将来、ハゲるんだから、諦めが肝心だよ!』と家族や仲のよい友人たちに言われ続けてきましたが、ハゲる年齢が近づいてくると、なかなか諦めがつきません。
症状が進行した男性型脱毛症(AGA)には、フィナステリドやデュタステリドで進行を抑制しながら、外用薬のミノキシジルを併用し、発毛を促す治療法がはやっています。
あまり症状が進行していない軽度の早期男性型脱毛症は、フィナステリドやデュタステリドの服用によって進行を抑制すると、薄毛の改善が期待できます。
額の生え際や、頭頂部のつむじ周辺から抜け毛が起こる進行性の男性型脱毛症の特徴は、ゆっくり時間をかけて少しずつ薄毛になります。
治療しなければ、薄毛が進行し続けることはわかっていますが、お金をかけることに躊躇している私は、なかなか踏み切れません。
しかし、より薄毛が進行してしまうと、症状の改善にお金や時間がかかってしまうため、医師の診察を受ける覚悟を決めたいところです。
Udemy AWS おすすめ